不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

西友東長崎店の建て替えで複合ビルを建設

2017/2/20 19:00

東長崎駅エリアの再開発計画
西武鉄道と西武プロパティーズは2017年2月14日、池袋線「東長崎」駅の南口周辺において、再開発計画「(仮称)東長崎駅南口計画」を進めていくと発表した。

1,300平米の敷地に地上11階建ての賃貸住宅と商業施設、認可保育所から構成される複合施設を建設する。賃貸住宅はファミリータイプを中心に、45戸を設ける予定。商業施設は西友などが出店する。

今後は建築基準法に基づく手続きを行って今年中に着工し、2019年の完成を目指す。計画地の所在地は、東京都豊島区南長崎5丁目33番。西武鉄道が事業主となり、西武プロパティーズが代理で事業を担当する。設計・施行を請け負う業者はまだ決まっていない。

通勤・通学に便利な魅力的な住宅地
西武グループでは「東長崎」駅の周辺エリアを、交通・沿線事業では「通勤・通学路線として利用しやすい魅力的なエリア」、不動産事業では「優良な住宅地」として重用なエリアに位置付けている。

今回の再開発計画は西友東長崎店の建て替えを中心に、西武鉄道の所有地と併せて整備・開発するもの。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

西武鉄道株式会社、株式会社西武プロパティーズのプレスリリース
http://www.seibu-group.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

三菱地所新丸ビル電力使用実証事業開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。