不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東急不動産、私募リート市場に参入

2013/9/5 08:00

新たな不動産投資として注目の私募リート
東急不動産株式会社は9月2日、子会社にて私募リートの運用を開始することを発表した。

新しく組成する私募リートは、機関投資家を対象とした非上場オープンエンド型の不動産投資信託。同社の連結子会社である東急不動産キャピタル・マネジメント株式会社が受託する。

(画像はニュースリリースより)

私募リート市場参入の背景
J-REIT(上場不動産投資信託)が登場しておよそ10年が経過し、日本でも不動産証券化市場が成熟してきた。

2010年からスタートした私募リート市場は、野村不動産ホールディングスの参入を皮切りに、三菱地所や三井不動産、三菱商事などが次々に運用を開始した。

私募リートの魅力は、自由に換金できるオープンエンド型であること。そして、非上場であるために価格変動リスクが比較的小さいことの2つが挙げられる。このため私募リート市場は拡大を続けており、2013年7月末時点で資産規模が4,000億円を超えた。

東急不動産の新たな私募リートの運用時期や規模はまだ決まっていないが、組み入れ資産の種別は総合型(オフィスビル、賃貸住宅、商業施設、ホテル、物流など)になる見込みで、中長期にわたって継続的な成長を目指すとしている。

外部リンク

東急不動産ホームページ
http://www.tokyu-land.co.jp/

東急不動産株式会社のニュースリリース
http://www.tokyu-land.co.jp/news/2013/pdf/20130902.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

日本ロジスティクスファンド、ボックス型物流施設の開発用地を取得 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。