不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

ご近所トラブルで最も多いのは? 日本法規情報が調査結果を発表

2016/6/16 20:15

47%が近隣トラブルに巻き込まれている
日本法規情報は6月11日、「近隣トラブルに関する意識調査」の結果を発表した。

調査で「ご近所トラブルに巻き込まれたことがあるか」と尋ねたところ、「ある」と回答した人は47%。半数近くが近隣トラブルに巻き込まれていることがわかった。

トラブルで最も多かったのが、「騒音」の20%。次いで「駐車・車」13%、「ペット」12%と続いた。

「騒音」に関するトラブルは、楽器の使用や上階の足音、音楽を再生する際の音量のほか、洗濯機の音など多岐にわたっている。生活をしていく上で完全に物音を立てないようにするのは不可能であるため、騒音トラブルが発生しやすいと考えられる。

また、駐車に関するトラブルは、無断で敷地内に進入する、通行の妨げになるといったものが多く、ドライバーにとってはささいなことであっても、相手側にとっては生活に影響が出る重大な問題と受け止める人も多い。

29%がトラブルに何の対処もせず
トラブルに巻き込まれた人に、「どのような対処を行ったのか」と尋ねたところ、「何もしなかった」と回答した人が29%。3割弱がトラブルを放置していることがわかった。

解決方法としては、「じか談判した」が最多で26%。次いで「警察に通報した」13%、「役所に相談した」7%と続いた。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

日本法規情報株式会社のプレスリリース
http://prtimes.jp/6827.html

日本法規情報株式会社のホームページ
http://nlinfo.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

投資用市場動向データ最新版(2014年7月期分)を発表(ファーストロジック) のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。