不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

関西で一番住みたい町は? リクルート住まいカンパニーが調査

2016/3/18 05:00

住みたい街(駅) ランキング
リクルート住まいカンパニーは3月14日、「2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関西版」を発表した。

大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県に住む20~49歳の男女2,100名を対象にしたWEBアンケート形式による調査からランキングを集計したもの。

住みたい街(駅)の第1は、「西宮北口」。4年連続でトップの座に輝いた。交通利便性の高さに加え、商業・文化芸術施設、教育環境が充実しており、幅広い世代から人気を得ている。

第2位は「梅田」で、こちらも4年連続で2位に選ばれた。百貨店の建て替えなど再開発が続いており、「うめきた2期計画」の検討も始まるなど、常に生まれ変わっている印象が強い。

第3位に選ばれた「神戸三宮」でも、三宮都心の再整備に向けた取り組みがスタートしており、将来性への期待が高まっている。

穴場だと思う街(駅) ランキング
交通利便性や生活利便性が高いのに、家賃や物件価格が割安などで穴場だと思う街(駅)の第1位には、「塚口」が選ばれた。

駅前の大型再開発が進み、商業施設などの完成も間近に控えている。「梅田」まで12分と交通の利便性が高い割に家賃相場が低く、ポテンシャルの高さが評価された。

第2位は「大国町」だった。地下鉄御堂筋線「なんば」から1駅、「天王寺」からも2駅と繁華街へのアクセスも良好。大阪木津卸売市場の最寄駅であるほか、近隣には音楽ホールや商業施設なども建設され、生活利便性も高い。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社リクルート住まいカンパニーのプレスリリース
http://www.recruit-sumai.co.jp/press.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京都、連続上昇。2019年2月の新築木造一戸建て住宅平均価格を発表-東京カンテイ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。