不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

新築マンション価格は踊り場-スタイルアクト調べ

2016/2/7 18:00

消費者マインドは買い時から、売り時へ
スタイルアクトは2月4日、「第32回 マンション購入に対する意識調査」の結果を発表した。スタイルアクトが運営するインターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員のうち、直近3か月間に新築マンションの販売センターに足を運んだ経験がある人を対象としたもの。

調査から不動産価格の上昇傾向に停滞を感じる人が増え、「1年後に価格が上がる」と予測する人が5割に減少。買い時感が著しく下がり、売りどきと強く感じる人が増加していることがわかった。

1年後に価格が「上がる」と予想する人、14ポイント減少
今回の調査では、マンションを買い時と判断している人の指数が、マイナス28.4ポイント。前回調査時のマイナス6.7ポイントから、マイナス幅が大幅に拡大した。

現在の物件価格を「高い」と感じる人は前回調査と変わらず7割だが、1年後に価格が「上がる」と予想する人は51%で、前回調査より14ポイントの減少。「上がる」の予測が5割を超えたのは、3年ぶりとなる。

今回の調査から消費者は、不動産価格の上昇傾向が足踏み状態になりつつあることを感じており、買い時感が後退している。

一方で価格が踊り場を迎えたと感じる消費者が増え、売り時と強く感じている人の割合は、前回調査の22%から36%と14ポイント上昇した。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

スタイルアクト株式会社のニュースリリース
http://styleact.co.jp/news/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

高崎駅、好調。東京カンテイ、JR高崎線の駅別中古マンション価格を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。