不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産資産の劣化を防ぐ「空家巡回サービス」

2015/5/2 14:00

「使っていない家」問題の悩みを解決
大京グループの大京穴吹不動産は5月1日より、空き家を見まわる「空家巡回サービス」の提供を開始した。

近年、少子高齢化などの影響で、空き家の増加が社会問題化している。2013年の全国の空家数は820万戸、総住宅数の13.5%と、過去最高を記録した。

不動産流通事業を展開する大京穴吹不動産でも、「使っていない家をどうにかしたい」という相談が増えている。そこで、所有資産の劣化や防犯対策面をサポートするために、「空家巡回サービス」の提供を決定した。

月に一度のメンテナンスで、住居の資産価値を維持
サービス対象となるのは、大京穴吹不動産の営業拠点ネットワークエリア内の居住用の不動産。月に1度、居住者のいないマンションや一戸建てを巡回し点検を行う。

巡回の際には通気や換気、簡単な掃除、通水を行うほか、郵便物、雨漏り、カビの発生などを確認する。また、一戸建ての場合は庭木の点検や、周辺の巡回確認も行う。点検結果は、報告書にまとめて郵送にて報告される。

サービス価格はマンションが月額8,000円、一戸建てが9,000円(いずれも税別)。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

大京グループのニュースリリース
http://www.daikyo.co.jp/dev/files/20150430_2.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

大和ハウス工業、神奈川県「光が丘エコタウン創造事業」の優先交渉権者に のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。