不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

タス、2014年8月「賃貸住宅市場レポート 首都圏版」発表

2014/8/29 17:00

20平米未満ワンルームマンションの競争力が低下
タスが運営する不動産評価Webサイト「TAS-MAP」は8月28日、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年8月」を発表した。

レポートによると、東京23区において、20平米未満の賃貸住宅の競争力が著しく低下している。
 
東京23区では、20平米以上の賃貸住宅の更新確率が約45%。これに対し、20平米未満の賃貸住宅の更新確率は約35%と、10ポイントも低い。また空室率も極めて高くなっている。

(画像は「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年8月」より)

20平米未満マンションの空室率が目立つ
タスの分析によると、更新確率が低いマンションでは空室が多くなるため、募集費用などのコストが発生する。

20平米未満の更新確率が35%であることから、残りの65%の半分が毎年入れ替わると仮定した場合、賃貸物件の募集期間が2014年3月時点で約3か月となり、満室の場合に比べて約11%の損害が生じる計算となる。

競争力が低下した要因として、物件の老朽化が挙げられる。20平米未満の賃貸住宅の約9割が築10年を越す。新規物件が続々と登場する単身者向け賃貸住宅市場では、魅力が低い。

戸当たりの面積が狭い20平米未満の賃貸物件は、平米単価が高くなることから、一時、投資家の間でブームとなった。しかし、1991年をピークに新規供給は減少しており、最近では20平米~30平米のワンルームマンションが主流になっている。

外部リンク

賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年8月
http://www.tas-japan.com/pdf/20140828.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

LGBTを応援したいオーナー37.0%-リクルート住まいカンパニー のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。