不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

世界、台湾人を対象とした日本不動産投資に関する意識調査結果を公表

2014/7/29 16:00

台湾人に対する日本の不動産に関する調査
株式会社世界は日本の不動産に関心を寄せている台湾人投資家及び富裕層を対象として第2回アンケート調査を実施し、その結果を2014年7月24日に公表した。

今回の調査は2014年7月1日から15日までの15日間をかけて実施され、調査対象は日本不動産に興味を持つ台湾投資家11,542人から当該調査に応募した25名で、内訳は男性が13名、女性が12名となっている。また年齢別では、20代が3名、30代が12名、40代が8名、そして50代が2名とバランス良く調査を行っている。
第2回アンケート調査の概要
今回のアンケート調査により明らかになったのは、購入したい不動産のエリアについて東京と解答した人が92%と、前回調査と比べて23ポイント上昇したことがある。この背景には東京オリンピック開催決定があるものと思われる。

また、購入したい不動産の種類としては区分マンションが最も多く80%となった。そして購入したい不動産の価格帯については3,001万円以上が16%を占め、自己資金を使った投資を検討している人が64%と前回の調査と比べると26ポイントアップした。

この背景には、日本にある台湾の銀行において融資物件の金額が4,000万円以上に引き上げられたことが影響にあると分析する。

外部リンク

世界 プレスリリース
http://sekai-go.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

コンフォリア・レジデンシャル投資法人がコンフォリア新大阪を取得 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。