不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

“広島駅前の新ランドマーク”「シティタワー広島」 3月15日より、事前案内会開催

2014/2/24 19:00

地上52建て・総戸数514 戸の超高層大規模免震タワーマンション
住友不動産は、中四国・九州最高層を誇る“広島駅前の新ランドマーク”、地上52建て・総戸数514 戸の超高層大規模免震タワーマンション「シティタワー広島」について、3月15日(土)より、事前案内会を開催し、本格的な販売活動を開始する。


「シティタワー広島」は、住宅×商業×業務の大規模複合開発「広島駅南口Bブロック第一種市街地再開発事業」で、 駅周辺の開発が進み、さらなる街の発展が期待される「広島」駅前に立地 。雨に濡れず、駅&商業施設へダイレクトアクセスできる、 利便性の高い駅前立地に加え、人気のリバーフロントポジションで、水と緑、四季の風情が味わえる。

(画像はニュースリリースより)

暮らしの安心感を高めるハード&ソフトサービスを提供
住戸は、75平米台の3LDK を中心に2LDK から4LDK まで、多彩なプランを用意。建物13~52 階に配置した住戸からは、南西側は紙屋町や瀬戸内海、宮島方面、南東側はマツダスタジアムや黄金山、北西側は広島城や縮景園、北東側は新幹線口のホテルや双葉山方面の景色が望める。

12階には、グランドロビーをはじめ、ゲストルームやパーティラウンジ、キッズ・コミュニティルーム、フィットネスルームなどの多彩な共用施設を設置。“マンションの顔”となるグランドロビーは、広島市街を見晴らすダイナミックなパノラマビューが楽しめるガラス張りの開放的な空間を設え、来訪者の迎賓の場、居住者の憩いの場として日常にラグジュアリーなシーンを演出。また、住宅階の共用廊下は、空調完備で快適、静粛性やプライバシー性も高いホテルライクな内廊下仕様としている。

暮らしの安心感を高める免震構造、非常用発電機、365日×24時間の有人管理体制を導入するなど、暮らしの安心感を高めるハード&ソフトサービスも充実している。

外部リンク

住友不動産 ニュースリリース
http://www.sumitomo-rd.co.jp/news/files/1402_0004/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

太陽光発電I&Cがヤフーに無料見積もりサイト開設 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。