不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

日本プロロジスリート、新規4物件を取得

2013/11/7 18:00

540億7,000万円で、4物件を新たに取得
日本プロロジスリート投資法人は11月5日、新規に4物件を取得することを発表した。

日本プロロジスリート投資法人は、物流施設特化型のJ-REIT(不動産投資信託)。運用中の資産はすべてプロロジス・グループが開発した物流施設である。

今回新たに取得する物件も、プロロジス・グループの開発による「プロロジスパーク東京新木場」(東京都江東区)、「プロロジスパーク横浜鶴見」(神奈川県横浜市)、「プロロジスパーク大阪4」(大阪府大阪市)、「プロロジスパーク岩沼1」(宮城県岩沼市)の4物件。取得予定価格の合計は、540億7,000万円である。

(画像はプレスリリースより)

グローバルエリアに分散して優良物件を取得
取得の理由として、4物件を新たに取得することで資産集中リスクが低減すること。さらに、関東及び関西エリアの広い地域に優良物件を分散させることで、ポートフォリオの質が向上するためとしている。

新規物件取得後の取得価格合計(予定)は、3,595億5,000万円。新規4物件の投資比率は、ポートフォリオ全体の15.0%を占める。

今後の見通しとして、平成25年11月期の1口当たり分配金の予想額は、17,826円から18,251円に修正された。

外部リンク

日本プロロジスリート投資法人のプレスリリース
http://www.prologis-reit.co.jp/site/file/tmp-NJ84H.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

世界、台湾人を対象とした日本不動産投資に関する意識調査結果を公表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。