不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

大和証券オフィス投資法人、新規物件取得で運用資産3,500億円超

2013/9/23 07:00

「日石渋谷ビル」を新規に取得
大和証券オフィス投資法人は9月20日、「日石渋谷ビル」(東京都渋谷区渋谷二丁目16番1号)を新たに取得したと発表した。

取得理由として、首都圏でも特に成長が期待できる有利な立地と、競争力を挙げている。

東京都心最大級のターミナル駅「渋谷」はJR、東京メトロ、東急電鉄、京王電鉄等の複数路線が利用できる好立地。本物件は渋谷駅から徒歩約4分と、交通の利便性に優れたオフィスビルで、宮益坂と国道246号線(青山通り)との交差点に面する角地に位置する。

(画像は、大和証券オフィス投資法人のホームページより)

新規取得で、運用資産は3,500億円超
渋谷は、若い世代をターゲットとした商業施設、飲食店、オフィス、ホテル等が集まる商業エリア。周辺にも表参道・青山、恵比寿、代官山といった、若者をターゲットとした店舗を有するエリアが多く、流行と文化の発信基地の代名詞ともなっている。このため、人材獲得ニーズが高く、将来有望なIT ・コンテンツ関連企業等を中心としたオフィスの需要が旺盛な地域と考えられる。

また、渋谷駅を中心とした「渋谷駅地区駅街区」などの再開発計画も進められており、渋谷駅のそばに駅ビル(大型オフィス・商業施設)が開業する予定。今後、更なる発展が見込まれる。

建物は竣工後約25年を経過しているが、適切な維持管理がなされており、競争力に不足はないだろう。「日石渋谷ビル」の取得価格は7,000百万円。取得後の運用資産合計額は、取得価格ベースで3,527.86億円となり、大和証券オフィス投資法人設立以来、初の3,500億円超えを達成した。

外部リンク

資産の取得に関するお知らせ(日石渋谷ビル)
http://www.daiwa-office.co.jp/site/file/tmp-sRhm7.pdf

大和証券オフィス投資法人
http://www.daiwa-office.co.jp/index.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ノースカロライナ州チャペルヒル牧場コミュニティBriar Chapel、次段階開発へ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。