不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

住友不動産株式会社が「シティハウス横濱鶴見ステーションコート」でYSCP実証参加認定を取得

2013/9/17 10:00

シティハウス横濱鶴見ステーションコート
住友不動産株式会社は、来春完成予定の分譲マンション「シティハウス横濱鶴見ステーションコート」が、横浜市の推進する「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)実証参加認定」制度で認定を取得したと発表した。

「シティハウス横濱鶴見ステーションコート」は、生活利便性と緑豊かな自然を享受できる住環境に立地し、「スマートなエコライフ」を実現できるように様々な設備や仕様を備えている。

主な省エネ関連の設備としてはまず、東芝のホームITシステム「フェミニティ」(HEMS)だ。
消費電力をパソコンやテレビ、携帯電話などの画面で「見える化」し、電気使用量を把握できる。また誰もがわかりやすいように数値やグラフで示される。

(画像はニュースリリースより)

YSCP実証参加認定を取得
東京ガスの高効率ガス給湯器「エコジョーズ」は、キッチンやバスなどの水廻り、床暖房などをトータルサポートするのだが、排気熱や潜熱を効率よく回収してお湯を沸かす仕様となっており、経済的にも優れた設備だ。

「エコ機能付き給湯リモコン」には、
「エコ運転機能」が搭載されており、エコスイッチを押すと給湯量が自動調整される。その他にも一日のガスやお湯の量、使用料金の目安、CO2排出量を表示する「エネルック機能」が付いている。

また省エネ効果に優れたLow-Eペアガラスを採用しており、ガラス表面にコーティングされた特殊金属膜(Low-E膜)が日射熱の反射性を高め、断熱性を高める複層ガラスの中空層によって、冷暖房両方の負荷を軽減できる。

現在、横浜市は先端技術を駆使して市全体の電力の効率的な省力化を図り、快適で低炭素な都市の構築を目指している。「YSCP実証参加認定」制度は、家庭での省エネ効果と生活の変化を調査分析する「省エネ行動実験(HEMS実証実験)」に参加できる設備が備わった集合住宅に市が認定する制度だ。

「シティハウス横濱鶴見ステーションコート」物件概要
所在地:神奈川県横浜市鶴見区豊岡町729-1(地番)

交通:JR「鶴見」駅から徒歩約5分、「京急鶴見」駅から徒歩約10分
用途地域:第一種住居地域、第二種中高層住居専用地域
構造・規模:鉄筋コンクリート造・地上7階建

総戸数:85戸
竣工予定:平成26年1月中旬
入居予定:平成26年3月下旬

売主:住友不動産株式会社
(住友不動産株式会社 ニュースリリースより引用)

外部リンク

住友不動産株式会社 ニュースリリース
http://www.sumitomo-rd.co.jp/news/files/1309_0002/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京都、平成27年8月の住宅着工統計を公表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。