不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

マンション購入は消費税よりインフレ懸念。値上る前に買いたい!

2013/7/29 14:00

消費税増税と景気期待を前に、購入意欲が高まる
アトラクターズ・ラボは7月26日、「第22回マンション購入に対する意識調査」の結果を発表した。

マンションの購入を検討している人たちを対象に、価格などを中心とした購入検討者の心理を、3か月単位で時系列に比較する調査で、今回で22回目となる。

調査の結果から明らかになったのは、主に2点。1点目は、「購入意欲」が前回より更に上昇していること。

2点目は、消費税増税よりインフレ懸念が購入意向を後押ししていることだ。

これら2点の結果から購入者の意向は、経済状況を冷静に判断しながらマンション購入意欲を維持しているといえる。

増税前・インフレ前にマンションを買いたい
「1年前と比べたマンション購入意欲」調査では過去最高水準を更新し、77%が意欲が「増した」と回答した。

不動産情報サイト接触と政権発足時期を見ると、第2次安倍内閣発足以降「以前と比べ不動産サイトによくアクセスする」率が約15ポイント増加している。

また、「今はマンションは買い時だと思うか」との質問では、「買い時」と答えた人の合計は64%。前回水準には達していないものの、高水準となった。

購入価格に影響する税金やインフレに関する設問では、「消費税増税前に早めに購入したい」と思う人が、「そう思う」「ややそう思う」を合わせて合計で40%

一方で、「不動産価格上昇前に購入したい」という項目では「そう思う」が45.3%、「ややそう思う」が39.1%と80%以上の人が「そう思う」と回答している。消費税増税より、インフレによる不動産価格上昇の方が気になるようだ。

調査は、アトラクターズ・ラボ運営のマンション情報サイト「住まいサーフィン」の会員を対象に、2013年7月2日~8日の期間にわたって行われた。

外部リンク

アトラクターズ・ラボ株式会社のプレスリリース
http://www.a-lab.co.jp/research/press130726.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

機関投資家の84%がオルタナティブ商品への投資実績あり、三井住友トラスト基礎研調査! のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。