不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

鉄骨造アパートで最高水準の遮音床「ノンサウンドフロア」開発/レオパレス21

2013/7/19 14:00

遮音満足度No.1を実現
レオパレス21は7月16日、業界最高水準となる遮音床「ノンサウンドフロア」を、すべての鉄骨造アパートの標準仕様に採用すると発表した。

レオパレス21が昨年より実施している「高遮音界壁」・「遮音配水管」と合わせて、新開発の「ノンサウンドシステム」を採用することで、優れた防音性能のアパート商品を実現した。

床の衝撃音は、主に足音などの低音「重量衝撃音(LH)」と、ものを落としたときに発生する高音の騒音「軽量衝撃音(LL)」が基準となる。

遮音床「ノンサウンドフロア」は、重量衝撃音性能においてLH-50以上、軽量衝撃音性能LL-40以上を達成。現状ランクより遮音性能が3ランクアップし、聞こえる音も1/3まで減少させた。

全商品に遮音床を採用
今後「ノンサウンドフロア」は、「遮音フローリング」に加えて、厚みのあるALC版を採用。さらに、高粘性特殊ゴムを使用したオリジナル鋼製圧縮型防振吊木を採用し、上階から下の階に伝わる音や振動を軽減する。高比重遮音シートも使って住宅性能表示で最高等級の遮音性も実現した。

新開発の鉄骨造版「ノンサウンドフロア」および、「ノンサウンドシステム」は、7月4日に販売した鉄骨造2階建て新商品「アルマーレ・ベネフィ」、「プロフィード・ベネフィ」をはじめ、既発売のすべての鉄骨造の商品においても標準仕様として採用する。

外部リンク

株式会社レオパレス21のニュースリリース
http://www.leopalace21.co.jp/news/2013/0716_716.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

Simon不動産、三菱地所提携で酒々井(しすい)プレミアムアウトレット(R) のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。