不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京オフィス賃料、継続的に上昇

2013/5/22 18:10

東京、ゆるやかな上昇を維持
ジョーンズ ラング ラサール株式会社は5月21日、「アジア パシフィック プロパティ ダイジェスト(APPD)日本版 2013年第1四半期」を発表した。

「APPD 日本版」は不動産市場の需要供給、空室状況、賃料・価格動向を分析し、12か月予測をまとめた不動産調査レポート。今期より東京のホテルマーケットの概要も追加された。

レポートの中から、東京のAグレードオフィス市場の状況をみると、賃料(共益費込)は月額坪当たり31,282円。前期比0.7%増、前年比2.6%増。緩やかではあるが、4四半期連続の上昇となった。

空室率は4.4%で前期比0.2ポイント増、前年比0.5ポイント増。

今後12か月の見通し
東京のAグレードオフィス市場の今後12か月の見通しは、市場心理の改善、円高修正、外需の好転予測等を受けて、需要は緩やかに回復するとしている。

2013年通年の新規供給は、過去10年平均と比べ70%程度の水準にとどまっている。竣工時期も第1四半期に集中しているため、空室率は下半期にかけて低下傾向で推移するだろう。

賃料は緩やかな上昇傾向を維持する見込み。賃料上昇に加え金融緩和等を背景に不動産への投資が活発化し、利回りは低下、価格は緩やかな上昇傾向となりそうだ。

外部リンク

ジョーンズ ラング ラサール株式会社のニュースリリース
http://www.joneslanglasalle.co.jp/Japan/JA-JP

ジョーンズ ラング ラサール株式会社
http://www.joneslanglasalle.co.jp/japan/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

白金台、好調。都営地下鉄三田線・目黒駅~巣鴨駅間の駅別中古マンション価格 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。