不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東芝、住宅用太陽光発電システム、20年・15年の長期保証制度を開始

2013/2/2 15:00

10年保証に加え「20年・15年パワフル保証」の提供開始
東芝は、東芝住宅用太陽光発電システムにおいて、これまでシステムの構成機器を10年間保証する「10年保証」制度を提供してきたが、3月1日より、新サービスである長期保証制度「20年・15年パワフル保証」(有償)を開始する。

太陽電池モジュール、最長20年出力保証
「パワフル保証」は、設置容量50kW未満のシステムについて、太陽電池モジュールの出力が保証値を下回った場合や、システムを構成する機器が故障した場合に東芝が出張・点検修理、機器交換費用を全額負担するサービスで、2010年4月以降に東芝住宅用太陽光発電システムを設置したユーザーが対象。

保証内容は、対象機器が、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、昇圧器、接続箱、太陽電池モジュール用架台(東芝純正架台)で、保証期間は、機器については15年、太陽電池モジュールの出力については選択コースにより、20年または15年。

太陽電池モジュールの出力保証については、JIS C 8918の6.( 性能)で規定する条件下において下記の保証値未満になった場合となっている。
・設置日から10年間の保証値:下限値(公称最大出力の90%)の90%
・10年経過時から15年までの保証値:下限値(公称最大出力の90%)の85%
・15年経過時から20年までの保証値:下限値(公称最大出力の90%)の80%

外部リンク

東芝 「東芝 住宅用太陽光発電システム / 20年・15年 パワフル保証(有償)」
http://www.toshiba.co.jp/sis/h-solar/announcement/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ユニバーサルホームが横浜市が行なっている「スマートセル・プロジェクト」に参加 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。