不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

飯田産業、東栄住宅など6社が経営統合に関する合意書を締結

2012/12/27 21:00

不動産の6社が経営統合を締結
6つの会社が、経営統合を行うことを基本的に合意し、締結を行った。6つの会社というのは一建設株式会社、株式会社飯田産業、株式会社東栄住宅、タクトホーム株式会社、株式会社アーネストワン、及びアイディホーム株式会社である。今後はより具体的に統合を進めていく予定である。

経営統合をした目的としては
、不動産事業の環境の変化が予測されているためである。これからは現在よりも人口や世帯数が減少すると予測されているため、住宅市場は縮小すると予測されている。また新規参入が相次ぐことによって競争が激化すると考えられている。

そのため今回の経営統合によって不動産事業の中で、生き残っていくということが第一の目的になる。またこれまで培われてきた技術や人材を育成することによって、今後はより人々が幸せに生活できる環境を創りだすことができるようになる。

コストを削減することにより不動産を購入しやすくなる
その他にも経営を統合することによって、住宅を購入する際のコストを削減することが出来る。現代は雇用が増えないため、個人所得も下がる一方である。そのため不動産を購入するというのはどうしてもリスクが高いと思ってしまう傾向が強い。

しかし経営統合によってコストを削減することが可能になり、より多くの人が不動産を購入できるようになる。また不動産の質を上げることによって、良質な住宅を安心して購入できるようになる。

このようなことから今回の経営統合が締結したのだが、今後はシェアの拡大や資金調達や資材調達に関するコストの削減、そしてより安心で安全な住宅を提供することが目標である。

外部リンク

経営統合に関する基本合意書について
http://www.iidasangyo.co.jp/info_pdf/kaiji20121225.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

株式会社エポスカードが賃貸住宅居住者向けの家財保険を販売 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。