不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京都、「高齢者の居住安定確保プラン」を改定

2012/9/2 22:00

上位計画「東京都住宅マスタープラン」などの改定による
東京都は8月31日、平成22年9月に策定の「高齢者の居住安定確保プラン-基本的方針と実現のための施策-」を改定、公開した。

上位計画である「東京都住宅マスタープラン」、「東京都高齢者保健福祉計画」が改定されたことから、今年7月に「高齢者の居住安定確保プラン(改定案)」を公表し、都民からの意見募集等を実施した上で、最終的に取りまとめたもの。

高齢者がいきいきと暮らすことのできる社会の実現を図る
プラン策定の背景と目的は、東京都において、高齢化が急速に進行する中、高齢者がいきいきと暮らすことのできる社会の実現を図るもの。

そのため、生活基盤となる住宅や老人ホームなどの「すまい」について、高齢者が多様なニーズに応じた居住の場を選択できるようにするとともに、安全に安心して暮らすことができる環境の整備が求められるとし、住宅施策と、福祉施策が連携し、総合的・計画的に施策を推進するため、基本的な方針と実現のための施策を示した。

目標実現のための具体的な施策として「高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進」「高齢者の入居支援とサービスの質の確保」「地域で高齢者を支える仕組みの構築」「高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組」が挙げられている。

プランの期間は2010年から、おおむね5年間。高齢者を取り巻くすまいの状況等の変化に対応し、必要がある場合は適宜見直すとなっている。

外部リンク

東京都「高齢者の居住安定確保プラン - 基本的方針と実現のための施策 -」
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/kourei_antei/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

国土交通省、「不動産価格指数(平成29年6月・第2四半期分)」公表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。