不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

三井不動産レジデンシャル、「プレミアムメディカルサービス」提供 “居住者の健康で豊かな暮らしをサポート”

2012/9/5 18:00

東京女子医科大学と提携、都内分譲マンションに導入
三井不動産レジデンシャルは9月4日、東京女子医科大学の「プレミアムメディカルサービス」を、マンション居住者に対して提供することについて同大学と包括協定書を締結し、本年秋に販売開始予定の「パークタワー西新宿エムズポート(総戸数179 戸)」を第一号物件として、今後都内で分譲するマンションに順次導入することを発表した。

予防・診療を組み合わせ居住者の健康をサポート
「プレミアムメディカルサービス」は、「予防医療関連サービス」と、「専属医療サービス」(かかりつけ医)の二つのサービス。

「予防医療関連サービス」(有料)は、マンション居住者が日頃の健康ケアを目的に「東京女子医科大学病院」でニーズに合ったオーダーメイド検診を簡単に予約利用でき、専任ドクターによる医療相談や食事分析、食事指導を受けることができる。

「専属医療サービス」(有料:初回利用料15,000 円、2 回目以降利用料10,000 円、消費税別途)では、マンション居住者は、東京女子医科大学の「特別診察室」での専属医療が受けることができる。体に不調を感じたら、すぐに「特別診察室」に相談すれば、東京女子医科大学の主任教授等が「かかりつけ医」として対応。病院での診察も待ち時間なく受けられるという。

三井不動産レジデンシャルでは、上記、予防・診療を組み合わせたサービスを提供することで、居住者の病気の早期発見、健康増進を図り、健康で豊かな暮らしをサポートするとしている。

外部リンク

三井不動産レジデンシャル ニュースリリース
http://www.mfr.co.jp/news/2012/pdf/0904_01.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

iYell、エフステージに住宅ローンデスクのサービスを提供 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。