不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

8月のオフィス空室率、東京・大阪共に改善

2012/9/11 13:00

東京オフィス空室率、2か月続けて改善
三鬼商事株式会社は9月7日、オフィスビルの市場動向をまとめた月次データを発表した。

報告書によると、8月の東京ビジネス地区の平均空室率は9.17%。前月より0.13ポイント減少した。

統合に伴う大型契約もあり、新築・既存ビルともに需要が見られた。このため空室面積が約8,700坪の減少。空室率は2か月連続でマイナスとなった。

大規模ビル1棟が竣工したが、今年竣工されたビルの契約は順調で、新築ビルの空室率は30.16%(前月比3.48ポイント減)となった。

既存ビルの空室率については一部で大型解約があったものの、建て替えや統合に伴う需要が見られ、空室面積は前月比マイナス0.05ポイントの8.40%となった。
 
平均賃料は、新築が1坪当たり2万3,041円(前月比462円増)、既存ビルが1万6,577円(前月比9円減)だった。

大阪は約3年ぶりに9%台後半
対する、大阪ビジネス地区の平均空室率も9.91%と、前月比0.10ポイント減少した。

平均空室率は9.91%。前月比0.10ポイント下げた。8月は統合や拡張移転に伴う需要や館内増床などの動きが見られ、大阪ビジネス地区全体の空き室面積が約2100坪減少した。

空室率は10か月連続で低下し、2年11か月ぶりに9%台後半まで改善した。地区別の平均空室率では梅田地区の減少が目立ち6.08%、前月比0.41ポイント下げた。

外部リンク

三鬼商事株式会社ホームページ
http://www.e-miki.com/


オフィスマーケットを見る/三鬼商事株式会社
http://www.e-miki.com/market/area.html

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東急電鉄とシャープがクラウド型新サービスを発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。