不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

「9月首都圏、マンション市場動向」発表!

2012/10/17 22:00

9月の首都圏マンション市場動向
10月16日、「9月の首都圏のマンション市場動向」が、株式会社不動産経済研究所より発表された。



販売と契約率
9月の首都圏でのマンション販売は、3,366戸となり、前月度の2,704戸と比べると、24.5%の増加となったが、前年同月比では、9.3%減(3,712戸)であった。一方 契約率を見ると69.3%(2,333戸)となり、前月比で11.2ポイントダウン(80.5%)、前年同月比でも8.4ポイント(77.7%)のダウンとなった。

地域別発売戸数は、東京都区部1,432戸(全体比42.5%)、都下413戸(同12.3%)、神奈川県821戸(同24.4%)、埼玉県473戸(同14.1%)、千葉県227戸(同6.7%)となっている。東京都のシェアは54.8%となる。

一戸当たりの価格と販売在庫
一戸当たりの価格に目を向けると、9月は4,120万円、1m2当たりの単価が58.3万円であった。前年同月比では、戸当たり3.4%(145万円)のダウン、m2単価も6.3%(3.9万円)のダウンとなった。



地域別平均価格、1m2当り分譲単価は、東京都区部4,785万円、70.9万円(3.9%ダウン、11.0%ダウン)、都下4,316万円、58.8万円(9.1%アップ、8.1%アップ)、神奈川県3,571万円、50.0万円(10.7%ダウン、10.9%ダウン)、埼玉県3,363万円、45.3万円(9.8%ダウン、14.2%ダウン)、千葉県3,130万円、41.4万円(7.4%ダウン、2.8%ダウン)となった。

即日完売物件は、147戸(4.4%)であり、フラット35登録物件が3,198戸で95%をしめた。

繰り越し販売在庫数と10月の新売戸数予定
9月末時点での繰り越し販売在庫数は、4,543戸となっており、前月の4,728戸より減少、また前年同月比でも減少(4,826戸)であった。

10月の発売戸数に関しては、5,000戸を見込んでおり、これは2011年10月(3,372戸)、’10年10月(3,718戸)’9年10月(3,386戸)’8年10月(4,240戸)と比べて大幅な増加を予定している。

外部リンク

株式会社不動産経済研究所HP
http://www.fudousankeizai.co.jp

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住宅購入時の「親の資金贈与」に関する実態調査 アットホーム のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。