不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東京、上期の小規模オフィス賃料は横ばい

2023/8/12 04:00

アットホームによる小規模オフィス賃料調査
アットホームは8月7日、「小規模オフィス(50坪以下)の募集賃料動向 -2023年上期(1月~6月)-」を発表した。

東京都の21エリアとその他主要エリアにおける、駅から徒歩10分以内の小規模オフィスの募集賃料を、5坪以上~25坪未満の【超小型】と、25坪以上~50坪以下の【小型】に分けて調査したもの。

東京賃料【超小型】1万3,227円、【小型】1万5,119円
東京都の21エリアにおける【超小型】の、1坪当たりの平均募集賃料は、前期比0.5%上昇の1万3,227円だった。【小型】は同0.2%下落の1万5,119円。ほぼ横ばいで推移している。

その他主要エリアでは「仙台市」、「横浜市」、「大阪市」、「福岡市」の【超小型】の賃料が、2012年下期以降最高値を更新した。【小型】の賃料は、「名古屋市」で同6.8%の上昇を示し、全5エリアでトップの上昇率となった。

東京21エリア・賃料トップ5
東京21エリアにおける【超小型】のエリア別賃料のトップ3は、以下の通りとなった。

1位は「銀座」(賃料:1万9,101円)、2位は「東京・日本橋・京橋」(賃料:1万7,268円)、3位は「原宿・表参道」(賃料:1万7,243円)。

【小型】のエリア別賃料のトッ3は、以下の通りである。

1位は「渋谷」(賃料:2万2,044円)、2位は「銀座」(賃料:2万364円)、3位は「原宿・表参道」(賃料:1万9,786円)。

(画像はプレスリリースより)
※アットホーム調べ

外部リンク

アットホーム株式会社のプレスリリース
https://athome-inc.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京カンテイ、「分譲マンション賃料月別推移」2019年1月版を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。