不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏中古マンション価格、10か月連続で上昇-東京カンテイ調べ

2022/4/4 17:00

東京都の価格は20か月連続で上昇中
東京カンテイは3月24日、2022年2月における「三大都市圏・主要都市別/中古マンション70平方メートル価格月別推移」を発表した。

三大都市圏における中古マンションの価格を70平方メートルに換算し、月別の推移をまとめたデータである。

発表によると、首都圏の70平方メートル当たりの平均価格は、前月比1.2%上昇の4,597万円。10か月連続での上昇となった。全域的な強含みや、東京都での事例シェア拡大が要因と考えられる。

都県別の平均価格は、以下の通りである。

東京都は前月比0.6%上昇の6,156万円となり、20か月連続の上昇。神奈川県は同1.7%上昇の3,416万円、埼玉県は同2.4%上昇の2,793万円、千葉県は同1.8%上昇の2,418万円だった。

近畿圏・中部圏も価格が上昇
近畿圏の70平方メートル当たりの平均価格は、前月比0.6%上昇の2,744万円。昨年12月の水準を上回った。

大阪府は同0.8%上昇の2,975万円。

一方、兵庫県は0.1%とわずかながら下落し、2,353万円となった。弱含みで推移しており、直近3か月間では目立った値動きは見られない。

中部圏の70平方メートル当たりの平均価格は、同0.1%上昇の2,162万円。愛知県は同0.2%上昇の2,278万円。僅かに強含んだが、前々月の水準に回復するまでには至らなかった。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社東京カンテイのプレスリリース
https://www.kantei.ne.jp/report/c202202.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京カンテイ、2018年9月度「中古マンション価格天気図」発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。