不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

2021年10月の東京23区、杉並区で新築マンション価格が大幅上昇

2021/11/26 15:00

新築マンションの分譲実績データを集計/分析
株式会社マーキュリーリアルテックイノベーターは、2021年11月25日、プレスリリース『月例新築マンション動向(速報値)』の2021年11月号を発表した。

同社は、不動産情報プラットフォームの提供などを手がける企業。今回発表されたリリースでは、同年10月の東京23区における新築マンションの分譲実績データが集計/分析されている。

杉並区/世田谷区/江東区が大きく上昇
同リリースでは、2021年10月の東京23区それぞれにおける新築マンションの平均価格/平均坪単価/平均面積/供給戸数が、前年同月値と共に表にまとめられている。

同月において平均価格が前年から最も上昇したのは、杉並区となった。同区の価格は、前年同月の5637.7万円から8122.9万円へ上昇。差額は、2485.2万円にまで達している。

杉並区以外には、1183.8万円の差額で8978.3万円をマークした世田谷区や、965.0万円の差額で7475.0万円に達した江東区などが、同月において大きな上昇を果たした。

渋谷区、マイナス1729.1万円
一方、2021年10月の平均価格については12190.2万円をマークした渋谷区が、前年同月比ではマイナス1729.1万円の下落を示した。また前年の平均価格が15658.9万円であった港区も、今期は10455.6万円へ下落する動きを見せている。

同社は今後も、不動産ビジネスに関わるあらゆるステークホルダーの選択を支援すべく、高品質なサービスを提供するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

【月例新築マンション動向(速報値)】2021年11月号発表 - 株式会社マーキュリーリアルテックイノベーター
https://mcury.jp/pressroom/1189/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東日本レインズ、2015年2月のマーケットウオッチを発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。