不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

レインズの成約件数5か月ぶりに減少

2021/8/24 17:00

新規登録件数は2か月連続で減少
不動産流通推進センターは8月20日、2021年7月の「指定流通機構の活用状況」の調査結果を発表した。

これによると不動産物件情報交換のためのコンピュータネットワークシステム(レインズ)への、7月における新規登録件数は、前年同月比1.5%減の38万2,307件だった。2か月連続で減少している。

成約報告件数は同5.2%減の4万4,222件。5か月ぶりに減少へと転じた。

総登録件数は同1.3%減の80万8,898件。3か月連続での減少となった。

売り物件の成約件数も5か月ぶりの減少
売り物件の動向をみると、新規登録件数は前年同月比14.4%減の11万2,052件。16か月連続で減少している。

成約報告件数は、同3.8%減の1万5,690件。5か月ぶりの減少となった。前月比でも、再び減少に転じている。

総登録件数は、同21.6%減の28万9,602件。13か月連続で減少している。

賃貸物件の成約件数は2か月連続で減少
賃貸物件の新規登録件数は、前年同月比5.1%増の27万255件。15か月連続で増加している。

一方、成約報告件数は同6.0%減の2万8,532件。2か月連続での減少となった。

総登録件数は同15.2%増の51万9,296件。14か月連続で増加している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

公益財団法人 不動産流通推進センターのプレスリリース
https://www.retpc.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

4.7%プラスを達成。CBRE日本、2019年第4四半期の投資市場動向を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。