不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産投資CF「CREAL」、2020年度「グッドデザイン賞」受賞

2020/10/3 13:00

社会インフラへの投資機会を個人投資家に提供
株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、2020年10月1日、同社運営の不動産投資クラウドファンディングサービス『CREAL』が、2020年度『グッドデザイン賞』を受賞したと発表した。

『CREAL』は、クラウドファンディングの手法を活用することで、1万円からの不動産投資を可能にしたサービス。保育園・学校といった社会インフラへの投資機会を一般個人投資家に提供している点が評価され、今回の受賞に至ったという。

ESG不動産投資ができる点も大きな特徴
株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、アセットマネジメント事業やヘルスケアファンド事業と共に、クラウドファンディング事業として『CREAL』の運営を手がけている。

『CREAL』は、インターネットの活用によって必要な情報を明確(クリア)にすると共に、本物(リアル)の不動産投資を可能にしたクラウドファンディングサービス。2018年11月に提供が開始され、累計調達額は50億円を突破。16ファンドの売却が既に完了し、予定利回りの通りに配当を行っている。

同サービスはまた、認可保育園・専門学校・地方創生につながるホテルなど、ESG不動産投資ができる点も大きな特徴となる。人口減少や少子高齢化といった課題の解決にも、寄与している。

デザインを社会課題やテーマの解決に活かす
今回『CREAL』が受賞した『グッドデザイン賞』は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する表彰制度。優れたデザインを社会課題やテーマの解決に活かすべく、毎年実施されている。

2020年度『グッドデザイン賞』において『CREAL』は、環境・社会・企業統治に配慮した新しい形のESG不動産投資を実現している点が高く評価されている。

外部リンク

『CREAL』が2020年度『グッドデザイン賞』を受賞 - 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
https://bridge-c.com/news/20201001_2067

最新ニュース

関連ニュース

コメント

事業用物件の家賃をガッチリ確保する「再保証プラン」 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。