不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

23区、空室率が0.6%。CBRE、2020年第1四半期オフィスビル市場動向発表

2020/5/1 03:00

グローバルに事業用不動産サービスを展開
シービーアールイー株式会社(以下「CBRE日本」)は、2020年4月27日、2020年第1四半期におけるオフィスビル市場動向を発表した。

CBRE日本は、グローバルに事業用不動産サービスを展開しているCBREグループの日本法人。発表された市場動向は、三大都市の動きに注目しつつ日本全国13都市のオフィスビル市場を概観するものとなっている。

2019年にマークした過去最低値に並ぶ結果
今回発表された市場動向によると、2020年第1四半期の東京23区ではオールグレード空室率が0.6%となった。対前期比ではマイナス0.1ポイントとなり、2019年の同時期にマークした過去最低値に並ぶ結果となっている。

この結果についてCBRE日本は、IT関連企業などにおける拡張・新設ニーズが相変わらず高いことを、要因として指摘。大手企業の自社ビル移転や金融機関の集約・立地改善などもあって、まとまった空室が消化されたと考察している。

しかし同社は同時に、新型コロナウィルス感染拡大の影響が東京23区のオフィス市場にも徐々に現れ始めた点も指摘。契約がキャンセルとなるケースも、わずかながら見られ始めたことに注目している。

大阪エリアの賃料上昇率は鈍化すると予測
2020年第1四半期の大阪におけるオールグレード空室率は、0.7%をマーク。対前期比はマイナス0.1ポイントとなり、オールグレード賃料もプラス3.3%の上昇を果たした。しかしCBRE日本は、新型コロナの影響などで、今後大阪エリアの賃料上昇率は鈍化すると予測している。

同期における名古屋のオールグレード空室率は、1.0%となった。対前期比ではプラス0.3ポイント上昇し、一棟のグレードAビルでまとまった空室が発生する結果となっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

オフィスビル市場動向(2020年第1四半期)を発表 - シービーアールイー株式会社
https://www.cbre.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

横ばい、急増。2020年4月度「中古マンション価格天気図」 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。