不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産投資クラファン「X-Crowd」、第2号ファンドの申し込みを1月30日開始

2020/1/25 06:00

京町家を宿泊施設にした物件
株式会社インテリックスは、2020年1月30日、同社の不動産投資型クラウドファンディングサービス『X-Crowd』にて第2号ファンドの投資申し込み受け付けを開始する。

『X-Crowd』は、不動産特定共同事業法に基づき運営されているクラウドファンディングサービス。第2号ファンドは、第1号ファンドに続いて京町家を宿泊施設としてリノベーションした物件となる。

豊かなストック社会の実現を目指す
『X-Crowd』を運営するインテリックスは、中古マンション再生流通事業を手がけてきた企業。同事業において物件の「目利き力」を培っており、同サービスでもこの強みを活用。リスク分散の選択肢となるオルタナティブ投資の一手段を、投資家へ提案している。

同サービスの展開にあたりインテリックスは、電子取り扱い業務の許可を取得。そのため、投資に関する基本的な手続きは、インターネット上にて行うことができる。より手軽な投資を実現することで、豊かなストック社会の実現を同社は目指している。

募集単価は1口10万円
今回投資申し込み受け付けが開始される第2号ファンドは、京町家の趣を残しながらデザイン性も兼ね備えた宿泊施設。所在地である京都市下京区は同市内で第2位の値上がりを示しており、同物件は特に注目されている地域に位置する。

同ファンドの募集上限金額は3100万円(先着順)であり、募集単価は1口10万円。募集期間は、2020年1月30日から2020年2月13日までとなっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

『X-Crowd』第2号ファンド、2020年1月30日午後より投資募集開始 - 株式会社インテリックス
https://ssl4.eir-parts.net/doc/8940/tdnet/1784917/00.pdf

『X-Crowd』第2号ファンド、2020年1月30日午後より投資募集開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東急不動産と鹿島、竹芝地区開発プロジェクトに着手 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。