不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

トップは、川口。住宅ローンのアルヒ、首都圏の「本当に住みやすい街」を発表

2019/12/16 08:00

『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020』
アルヒ株式会社は、 2019年12月11日、イベント『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020』を開催した。

同社は、住宅ローンの貸し出し・取次業務などを手がける企業。同イベントは、同社が保有するデータを基にして、首都圏1都3県における「本当に住みやすい街」を住宅専門家が厳選するものとなっている。

地価や物件価格がリーズナブルな「川口」
『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020』は、アルヒの住宅ローン融資実行件数を町名単位で集計した上で、選定委員会による公平な審査を経て決定された。選定では、住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性という5つの基準を設定。「生活する」という視点から、首都圏の「本当に住みやすい街」を選び出している。

同イベントでは、埼玉県の「川口」が1位に輝いた。同エリアは、都内への良好なアクセスを誇りながらも、地価や物件価格がリーズナブルになっている。また、商店街の再開発なども進行しており、今後はさらに利便性が高まる可能性があると選定委員会は期待。今回、トップに選ばれた。

シニア編のランキングでは、「木場」が首位
同イベントのランキングでは、2位に東京都の「赤羽」が、3位には神奈川県の「たまプラーザ」がランクインを果たした。以下には、「柏の葉キャンパス」「入谷」「王子」「武蔵小金井」などのエリアが並ぶ。なおシニア編のランキングでは、東京都の「木場」が首位になっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

『ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020』 - アルヒ株式会社
https://www.aruhi-group.co.jp/news/press/20191211

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ALSOKと東京建物など、マンション専有部への24時間生活支援サービス開始 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。