不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

森ビル「虎ノ門ヒルズ」駅と一体化した高層ビル開発に着工

2019/11/29 01:00

駅と直結する3つのビルを建設
森ビルが参画する虎ノ門一・二丁目地区再開発組合は11月25日、「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業」に着工した。

この事業の開発地は、虎ノ門ヒルズエリアの中央に位置し、地下鉄日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅の整備と一体化したプロジェクトとなる。

駅と複合ビルを包括的に開発し、駅と連携した歩行者ネットワークなどの強化を図るとともに、オフィス・店舗・ホテル・ビジネスの拠点となる「A-1街区」「A-2街区」「A-3街区」の3棟のビルを建設する。

49階建てビルなど東京の国際競争力強化を目指す
「A-1街区」は地上49階・地下4階建てとなり、オフィス・店舗・ホテル・ビジネス発信拠点・駐車場などから構成される。

「A-2街区」は地上4階・地下3階建てで、店舗・駐車場などから構成され、両ビルが国道1号線と地下鉄「虎ノ門ヒルズ」駅を挟む形で連携する。

また、「A-1街区」西側に続く「A-3街区」は地上12階・地下1階建てで、オフィス、住宅、店舗、駐車場などによって構成される。

「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業」は2016年2月に再開発準備組合が設立され、2018年3月の都市計画が決定された。同年11月の再開発組合の設立を経て、今回の着工へと至った。「A-1街区」、「A-3街区」は2023年7月、「A-2街区」は同年11月の完成の予定だ。

森ビルは、
当事業の推進により、国際的なビジネス・交流拠点を整備し、東京の国際競争力強化に貢献してまいります
(プレスリリースより)

と述べている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

森ビル株式会社のプレスリリース
https://www.mori.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

コンフォリア・レジデンシャル投資法人がコンフォリア新大阪を取得 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。