不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

アルヒ、住宅ローン『ARUHIスーパーフラット6』の取り扱いを12月開始

2019/11/17 18:00

『フラット35(保証型)』の住宅ローン商品
アルヒ株式会社は、2019年11月15日、住宅ローン『ARUHIスーパーフラット6』の取り扱いを2019年12月より開始すると発表した。

アルヒは、住宅ローンの貸し出し・取次業務などを展開している企業。『ARUHIスーパーフラット6』は、『フラット35(保証型)』の住宅ローン商品となっている。

一定額の手持金を用意できる顧客が対象
アルヒは、「住生活プロデュース企業」として住宅ローン商品の取り扱いを行っている。全期間固定金利住宅ローン『フラット35』の実行件数については、9年連続でシェアNo.1を獲得。他にも、固定金利商品・変動金利商品ともに、日本で最も競争力のあるラインナップを取り揃えてきた。

『フラット35』においてアルヒは、『ARUHIフラット35』よりも低金利の商品として、『ARUHIスーパーフラット』の取り扱いを2016年10月より開始。この『ARUHIスーパーフラット』は、一定額の手持金(頭金)を用意できる顧客を対象とした『フラット35(保証型)』の住宅ローン。提供開始以来、多くの顧客に利用され、ラインナップを拡充されている。

最長35年間の全期間固定金利が適用
『ARUHIスーパーフラット6』は、住宅の建築費または購入価額の40%以上を手持金として用意できる顧客を対象として提供される商品。従来より低い金利が設定されると共に、最長35年間の全期間固定金利が適用される。

アルヒは今後も、顧客の幅広いニーズに応え、『ARUHIスーパーフラット』のさらなる成長を目指すとしている。

外部リンク

「ARUHIスーパーフラット6」の取り扱いを開始 - アルヒ株式会社
https://www.aruhi-group.co.jp/news/press/20191115

最新ニュース

関連ニュース

コメント

住友林業、「住まい博 2012 IN 横浜みなとみらい」開催 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。