不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

アルヒRPAソリューションズ、みずほ銀行の「フラット35」事務を受託

2019/11/3 02:00

12月2日より事務受託を開始
アルヒRPAソリューションズ株式会社は、2019年10月30日、『フラット35』に関する業務委託契約を株式会社みずほ銀行との間で締結した。

アルヒRPAソリューションズは、住宅ローンの貸し出し・取次業務を展開しているアルヒ株式会社の100%子会社であり、『フラット35』の事務受託を主事業とする企業。今回の契約締結に基づき同社は、同年12月2日よりみずほ銀行の事務受託を開始する。

RPAやOCRなどのテクノロジーも積極的に活用
アルヒRPAソリューションズは、住宅ローン事務受託事業の推進を図るアルヒによって、2019年3月に設立された。

銀行などの金融機関において住宅ローン関連の事務は、コストセンターとなっていた。アルヒは、金融機関が持つ「事務コストを削減したい」「煩雑な事務作業を外注したい」といったニーズへの対応を企図。コストセンターからプロフィットセンターへの転換を実現する受託先として、アルヒRPAソリューションズの設立に至った。

アルヒRPAソリューションズでは、RPAやOCRなどのテクノロジーも積極的に活用。審査事務から融資実行事務のサポートまでを、担うとしている。

迅速かつ正確な事務処理を行う
みずほ銀行からの事務受託においてアルヒRPAソリューションズは、『フラット35』における事前審査と本審査、契約から融資実行までのサポートなどを行う。この受託は同社にとって、同年5月に開始した大手銀行に次いで2行目にあたるという。

同社は今後も、アルヒにおいて独自開発された先進的なシステムを活用し、迅速かつ正確な事務処理を行うとしている。

外部リンク

みずほ銀行と業務委託契約を締結 - アルヒ株式会社
https://www.aruhi-group.co.jp/news/press/20191030

最新ニュース

関連ニュース

コメント

三井不動産レジデンシャル、湾岸エリアの活性化を目的としたプロジェクト「WANGAN ACTION」を発足 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。