不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

10月「沖式儲かる確率上位マンションランキング」-スタイルアクト

2019/10/6 18:00

最も資産価値の高いマンションは?
マンション価格の情報サイト「住まいサーフィン」を運営するスタイルアクトは10月1日、首都圏におけるエリア別の「沖式儲かる確率上位マンションランキング(2019年10月版)」を発表した。

資産性を重視したマンション選びを支援するため、首都圏のマンションを「沖式儲かる確率」の高い順にランキング化し、毎月発表しているもの。

対象物件は首都圏9エリアにおける、3LDKや4LDKの間取りが多い「スタンダード対象物件」と、1LDKや2LDKの間取りが多い「家活対象物件」に分けて紹介している。なお、今回は発表された2019年10月版は、2019年9月13日時点のデータが対象となっている。

また「沖式儲かる確率」とは、資産価値の高さを示す指数で、中古物件の含み益が出た割合を、立地や物件属性などのカテゴリーごとに算出したデータである。パーセンテージが高いほど、値上がりしていることを示す。

トップは2物件、儲かる確立は99%
各エリアのスタンダード対象物件における、エリア別の儲かる確率のトップは次の通りとなった。

都心エリア・神谷町駅の「ブランズ愛宕虎ノ門」と大門駅・「グランリビオ芝大門」で、儲かる確率は99%。

次いで東京23区南エリア・武蔵小山駅の「シティハウス下目黒」がランクインした。儲かる確率は87%である。3位は23区東エリア・浅草駅の「プレサンスジェネ浅草west」で、儲かる確率は83%となった。

一方、家活対象物件の儲かるか率トップは、23区東エリア・南千住駅の「グローベル奥浅草寺町通りmizuki」で、儲かる確率は84%。次いで東京支部エリア・三鷹駅の「プレディア武蔵野中町」の68%、神奈川南エリア・西横浜駅の「スカイコートパレス西横浜」の61%と続いた。

外部リンク

スタイルアクト株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000157.000007875.html

スタイルアクト株式会社のホームページ
https://styleact.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

天気は停滞傾向。東京カンテイ、2019年2月度「中古マンション価格天気図」発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。