不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

有楽町駅~新橋駅間にレンガ造りのアーチ橋を生かした商業空間が誕生

2019/9/7 20:00

穴場感たっぷりの日比谷の奥路地空間
東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月3日、内山下町橋高架下開発計画の概要を公表した。

内山下町橋高架下開発計画はJR東日本が東海旅客鉄道(JR東海)との共同事業として実施するプロジェクトで、「有楽町」駅から「新橋」駅間の高架下を商業施設に開発するもの。

新たに誕生する商業施設の名称は「日比谷 OKUROJI(ヒビヤ オクロジ)」。銀座・日比谷の「奥」というロケーションに、「路地」という施設性を加えて隠れ家のような空間を作り、100年以上の歴史あるレンガアーチ高架橋の歴史が感じられる場を表現して名付けられた。開業は2020年夏の予定だ。

大人から若者まで楽しめる商業施設
内山下町橋高架下開発計画では、「有楽町」駅から「新橋」駅間の約300メートルに及ぶ高架下の通路を整備する。日比谷側へ5か所の出入り口を設けて、回遊性の高めた。

商業空間は新橋駅側から、様々なスタイルのバーと上質な食を提供する「大人のナイトタイムを楽しめるゾーン」、気軽に通える飲食店やカフェが集まる「飲食ゾーン」、魅力的なスイーツやこだわりの逸品が並ぶ「食物販・雑貨・ファッションゾーン」から構成される。

また、1910年に建造されたアーチ高架橋の美化し、建造当初のレンガを生かし、次の100年も街のシンボルとなるように美化・整備を行う。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

東日本旅客鉄道株式会社のプレスリリース
https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190903_ho03.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

森トラストの「銀座二丁目ホテル計画」に隈研吾氏が参画 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。