不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏の大型マルチテナント型物流施設の空室率2.7%-CBRE調べ

2019/8/10 09:00

近畿圏は湾岸部エリアを中心に回復傾向
CBREは7月31日、2019年第2四半期の物流施設の市場動向を発表した。

これによると、近畿圏の大型マルチテナント型物流施設の空室率は、前期9.1%から2.0ポイント低下の7.1%。

坪当たり実質賃料は3660円で、対前期比2.5%の上昇となった。3600円台に回復したのは、2017年Q2以来となる。賃料は近畿圏全域で上昇傾向にあり、特に湾岸部の回復が目立つ。

中部圏の大型マルチテナントの空室率は17.3%と、前期の8.1%から大きく上昇した。新規供給の3棟のうち2棟が空室を残しての竣工したのが要因。

坪当たり実質賃料は、郊外の物件が加わったため3550円に下落したが、既存物件では前期水準を維持している。

首都圏賃料は4200円
首都圏の大型マルチテナント型物流施設の空室率は、2.7%だった。2013年第2四半期と並び、2004年第1四半期の調査開始以来の最低値を記録した。

また、新規需要が17万坪で、前期の18万9000坪に次ぐ歴代2位の規模となった。

首都圏全体における坪当たり実質賃料は、対前期比1.0%上昇の4200円である。

東京ベイエリアおよび外環道エリアの空室率は、2015年以来の0.0%を記録。また、東京ベイエリアの坪当たり賃料は7020円と、初めて7000円を超え、賃料上昇率は対前期比3.1%プラスとなった。

神奈川県でも空室面積の合計が1000坪を下回り、空室の確保ができない状況に陥っている。

外部リンク

シービーアールイー株式会社のプレスリリース
https://www.cbre.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

上昇と減少が錯綜。京成本線・大神宮下~京成成田間の駅別中古マンション価格 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。