不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

八千代台の値頃感。京成本線・大神宮下~京成成田間の駅別中古マンション価格

2019/8/6 03:00

中古マンションの売り希望価格から算出
株式会社東京カンテイは、2019年7月30日は、京成本線の大神宮下駅~京成成田駅間における駅別中古マンション価格を発表した。

ここでの「価格」は、同社のデータベースに登録された中古マンション(ファミリータイプ)の売り希望価格から、駅ごとの平均坪単価として算出されたもの。同社は同年7月23日、京成本線の日暮里駅~東中山駅における「価格」については、既に発表している。

隣駅・実籾駅の半分である八千代台駅
京成本線の大神宮下駅~京成成田駅間において、中古マンション価格が最高値を示したのは、船橋競馬場駅の116万円だった。しかし同駅について東京カンテイは、取引事例数が20件前後で推移している点を指摘。やはり20件前後の大神宮下駅と共に、個別事例の影響を受けている可能性を示唆している。

この区間において同社は、八千代台駅に注目。同駅エリアの事例数は、同区間では最多の135件をマークした。平均築年数については40年を突破しているが、そのため平均坪単価が隣駅・実籾駅の半分となっており、値頃感があると同社は考察している。

反転上昇を果たした実籾駅
八千代台駅の隣駅である実籾駅は、反転上昇を果たした。築年数が若返ると共に、平均坪単価も2年前の水準となる81万円にまで回復している。

東京カンテイは、京成大久保駅の下落にも着目。同駅エリアは、学生街であるため安めの賃貸物件が多い。中古マンションは築浅の物件が出回らず、平均築年数が大きく上積みされた結果として、下落幅の拡大を招いたと考察している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

駅別中古マンション価格/京成本線2 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/wayside_station/628

最新ニュース

関連ニュース

コメント

2015年第1四半期の世界の商業用不動産に関する投資分析レポート(速報)を発表(JLL) のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。