不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

マンションの需要、これからどうなる?

2019/6/17 06:00

積極的に購入を検討している人は3割
マンションの売却情報サイト「マンション売却の達人」を運営するMayLightは6月13日、マンションの購入・売却、マンションへの不安についての調査結果を発表した。

この調査はマンション売却の達人が、20代から70代の男女300名を対象に、5月にアンケートを実施したものである。

調査結果によると、現在はマンションを所有していないが、「所有したい」と考えている人は62.7%だった。

しかしながらこのうち、積極的に購入を検討している人は33.2%と、3割程度にとどまっていることが明らかになった。

これに対してマンションの所有を考えていない人は37.3%。積極的に購入したい33.2%を上回る結果となっている。

リスクは修繕費用と資産価値の減少
マンションの売却を検討しているのは、どのくらいの割合だろうか。

現在所有しているマンションを売却したいと考えている人は、全体の49.1%だった。このうち積極的に売却を検討しているのは、全体の31.6%となっている。

また、マンションに対する不安について尋ねたところ、最も多かったのが「大規模修繕の費用」の32%。次いで「資産価値の減少」の31%だった。

どちらも経済面でのリスクを不安視しており、今後に景気が低迷した場合は、これらの不安を感じる人が増えるのではないかと懸念される。

マンションの購入を検討している人は、資産価値が減少するリスクを充分に考慮する必要がありそうだ。

(画像はプレスリリースより)
(調査:「マンション売却の達人」)

外部リンク

株式会社MayLight プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000002.000045112.html

マンション売却の達人
https://baikyaku-tatsujin.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

不動産情報サービス東京カンテイ 三大都市圏の分譲マンション賃料推移を発表 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。