不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

2018年関西圏新築マンションの平均購入価格が過去最高に

2019/3/23 14:00

購入価格帯、最多は「3500~4000万円未満」
リクルート住まいカンパニーは3月18日、関西圏のマンション購入動向を調べた「2018年関西圏新築マンション契約者動向調査」の結果を発表した。

調査結果によると、関西圏で購入した新築マンションの所在地で、最も多かったエリアは「大阪市内エリア」の32%だった。次いで「阪神間エリア」の18%、「北摂エリア」の16%と続いた。

物件の購入価格帯で最も多かったのは「3500~4000万円未満」の24%。次いで「5000万円以上」が21%となってる。2017年と比べると「5000万円以上」が7ポイント増加しており、平均購入価格は4338万円。20001年の調査以来、最高額を記録した。

購入物件所在地別の価格帯でも、「大阪市内」、「神戸市以西」など5エリアの平均購入価格が2001年以来最高額となった。

平均年収も821万円で過去最高
購入者の世帯主の属性をみると、平均年齢は38.9歳。子ども有りの世帯が40%と、2017年調査とほとんど変わらない。

世帯の総年収で最も多かったのは「600~800万円未満」の23%。次いで「400~600万円未満」と「800~1000万円未満」がともに19%となっている。平均年収は821万円で、これまでで最高額となっている。

また、契約世帯のうち共働きの既婚世帯の割合は62%。こちらも2001年以来、最も高い割合を示した。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社リクルート住まいカンパニーのプレスリリース
https://www.recruit-sumai.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

米不動産投資信託Dividend Capital Diversified Property Fund、前年比4%上昇で強いリース指標 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。