不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

中古マンション価格71か月連続で上昇-不動産流通推進センター調べ

2019/8/18 02:00

7月中古マンション価格2815万円
不動産流通推進センターは8月13日、2019年7月の「指定流通機構の物件動向」を発表した。全国(東日本、中部圏、近畿圏及び西日本)の指定流通機構から成約報告があった売買取り引き事例のうち、中古住宅に関するデータを集計したもの。

物件動向によると、2019年7月における中古マンションの成約件数は、前年同月比0.88%増の6110件。2か月連続で前年同月を上回った。

成約価格は同4.17%増の2815万円、成約平米単価は同2.96%増の42万1800円。成約価格・成約平米単価ともに、71か月連続で前年同月を上回っている。

専有面積は同0.34%増の67.72平米で、2 か月連続で前年同月比を上回った。築年数は同4.30%増の22.66年。こちらは30か月連続で像前年同月比を上回っている。

7月戸建住宅価格2242万円
2019年7月における全国の中古戸建住宅の成約件数は、7.60%増の3540件。3か月ぶりに前年同月を上回った。

成約価格は3.81%下落の2242万円となり、2か月連続で前年同月比を下回っている。

建物面積は2.27%減の111.82平米、土地面積は0.31%減の191.49平米となり、いずれも2か月連続で前年同月を下回った。

築年数は2.70%増の24.91年。8か月連続で前年同月比を上回っている。

(画像は、指定流通機構の物件動向-令和元年7月より)

外部リンク

指定流通機構の物件動向(令和元年7月)-公益財団法人 不動産流通推進センター
https://www.retpc.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

メガソーラー「下水流発電所」(鹿児島県出水市)が稼働 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。