不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

注目の「高輪ゲートウェイ」駅で最も値上がりしたマンションは?-Housmart調べ

2018/12/19 04:00

2020年誕生予定の新駅周辺のマンション事情を調査
中古マンションの提案アプリ「カウル」を運営するHousmartは12月14日、「高輪ゲートウェイ」駅周辺マンションの値上がりランキングを発表した。

2020年春に誕生予定の東京・山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」駅。駅名に反対の声が上がるなど注目されているが、このエリアにあるマンションの新築時の分譲価格と、2018年の売り出し事例(一部は2017年のデータも含む)から、平米単価の増加率を集計したもの。

ランキングトップは「シティタワー品川」
ランキングデータによると、値上がりランキングのトップは「シティタワー品川」だった。219.2%と大幅に価格が上昇している。

このマンションは分譲時に東京都が販売の上限金額を設定しており、新築時の価格が同エリア内で異例の低さであったことから大幅な値上がりになったと考えられる。

次いで2位は「コスモポリス品川」で平米単価の増加率は155.9%、3位は「芝浦アイランドグローヴタワー」の154.9%、4位は「キャピタルマークタワー」の154.4%と続き、この3物件が50%以上の価格上昇率を記録している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社Housmartのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000012645.html

株式会社Housmartのホームページ
https://housmart.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏マンション平均価格6か月ぶりに下落-不動産経済研究所 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。