不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産経済研究所、2017上期と2016年間の首都圏投資用マンション市場動向を発表

2017/8/14 06:00

2017年上期の供給戸数は前年同期比21.8%減
不動産経済研究所は8月8日、2017年上期および2016年年間の首都圏投資用マンションの市場動向を発表した。

2017年上期(1~6月)に供給された投資用マンションは60物件、3,222戸で、前年同期比で、物件数は27.7%の減少、戸数も21.8%の減少。平均価格は2,826万円で、同2.6%の上昇、平米単価は111.9万円で、同0.5%上昇となっている。

供給が行われたエリアは、都区部は14区で前年同期の17区から3エリア減少するなど、全24エリアとなり、前年同期の28エリアから4エリア減少。大田区が368戸とトップになっており、2位は川崎市川崎区の262戸、3位は港区の254戸となっている。

2016年年間は、前年比で戸数、平均価格共に上昇
2016年年間に供給された投資用マンションは143物件、7,028戸で、前年比で、物件数は19.2%の増加、戸数も16.1%の増加。平均価格は2,788万円で、同1.7%の上昇、平米単価は112.0万円で、同5.8%上昇となっている。

供給が行われたエリアは、全36エリアで、前年比で7エリア増加。川崎市川崎区が766戸とトップになっており、2位は品川区の550戸、3位は江東区の443戸となっている。

(画像は不動産経済研究所公式サイトトップページより)

外部リンク

不動産経済研究所 プレスリリース
http://www.fudousankeizai.co.jp/share/mansion/294/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

東京オフィス賃料、17四半期連続で上昇-JLL調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。