不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

東急住宅リース、空き家の不用品整理などのサービスを開始

2017/9/25 18:00

不用品の片付けから解体まで、空き家を整理
東急住宅リースは9月21日、整理業を展開するアールキューブと業務提携して空き家管理支援サービスを開始すると発表した。

東急住宅リースはこれまでも、所有者が使用していない空き家を対象とした「賃貸管理サービス」や、所有者に変わって空き家の通風や清掃などを行う「留守宅巡回清掃サービス」を提供してきた。

そして今回、アールキューブが対応する「空き家整理サービス(あんしんネット)」の提供を開始する。家具や生活用品など室内に残った物の整理や片付け、家財の買い取り、撤去、解体まで、空き家整理をトータルにサポートする。

増え続ける空き家問題の解決へとつなげるサービス
国内の空き家は平成5年には448万戸だったが、平成25年には820万戸と、この20年で国内の空き家は1.8倍にふくれており、社会問題となっている。

東急住宅リースは空き家の増加問題の解消を目指し、今後も空き家所有者のサポートを目指し、賃貸管理や運営サービスを提供していく方針だ。

アールキューブは福祉整理や不用品の整理、遺品の整理、形見分け配送などを行っている会社。また、関係各社との業務提携を通じて、空き家所有者のニーズに合わせた活用方法も提案している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

東急住宅リース株式会社のプレスリリース
http://www.tokyu-housing-lease.co.jp/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「賃貸管理診断サービス」の提供開始、株式会社シー・エフ・ネッツ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。