不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

家賃が上がってもオートロックを選ぶ?コマニーが調査 

2017/6/17 03:00

「在宅中でも施錠する」87.4%
コマニーは6月9日、「家の防犯意識について」のアンケート調査の結果を発表した。政令指定都市と東京23区の共同住宅(マンション・アパート)に居住する516名を対象に実施したもの。

調査結果によると、「在宅中でも施錠する」人が全体の87.4%だった。セキュリティ意識の高さがうかがえるが、その一方で外出時にカギを締め忘れたり、締め忘れを心配したりした経験がある人も62.1%存在した。防犯を意識しながらも、戸締まりの確認が徹底できていないのが現状のようだ。

また、回答者の5人に1人が自分(または知り合い)が「住宅侵入の被害にあったことがある」と回答している。

「家賃が上がってもオートロックを選ぶ」84%
「家賃がアップしてもオートロック付を選ぶ」と回答した人は84.2%。そのなかで「5,000円以上家賃がアップしても許容する」と回答した人は、約30%に上った。

分譲マンションに住む人に「玄関ドアのオートロックの魅力」を尋ねたところ、「締め忘れがない」と回答した人が76%。「ドアが閉まると自然に施錠される」、「カギをなくす心配がない」と回答した人が、60%を超えた。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

コマニー株式会社のプレスリリース
https://www.comany.co.jp/news/2017/06/09/6657/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏・中古マンション価格2か月連続で上昇-東日本レインズ調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。