不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

売却の窓口、中古住宅の設備保証サービスを開始

2016/11/9 14:45

購入時の不安を解消し、売買契約をスムーズに
価値住宅が運営する「売却の窓口」は11月3日、「住設あんしんサポート」の提供を開始した。

「住設あんしんサポート」は中古住宅購入時の不安要因となる、住宅設備の不具合に対応する設備保証サービス。居住中の物件を販売する際に煩わしい検査は行わず、売り主と不動産仲介業者の営業担当者で確認し、売買契約時における設備付帯票を添付するだけでサービスが利用できる。

保証対象となる設備を、一元管理
保証対象となる設備はシステムキッチン、システムバス、洗面化粧台、温水洗浄トイレ、給湯器。

製造10年以内の機器が対象で、保証期間中に故障や不具合が生じた場合は修理・交換代が10万円まで無料になる。10万円以上の費用がかかる場合は超過分のみの負担で修理・交換が可能。保証期間は1年または2年から選択できる。

対象機器のトラブルはコールセンターで一元管理するため、メーカーごとに保証書や連絡先を探す手間が省けるのもメリットだ。



(画像はプレスリリースより)

外部リンク

価値住宅株式会社のプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000017114.html

売却の窓口
http://baikyaku-mado.com/

最新ニュース

関連ニュース

コメント

ヒューリックリート投資法人が東証上場し、J-REITに のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。