不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

日本橋のJPビルディング建替工事スタート

2016/6/26 20:15

複合施設として生まれ変わるJPビルディング
東京・日本橋のJPビルディングの建て替え工事が、7月1日からスタートする。「(仮称)JPビルディング建替計画」として、日本紙パルプ商事と三井不動産が他権利者とともに取り組む再生プロジェクトである。

日本紙パルプ商事が所有するJPビルディングを建て替えるもので、三井不動産がプロジェクトマネジメントを受託した。

最寄り駅は、東京メトロ銀座・半蔵門線「三越前」駅、JR横須賀・総武快速「新日本橋」駅で、いずれも地下で直結する。また、JR「神田」駅から徒歩6分、JR「東京」駅から徒歩10分と、交通利便性に優れた都心の一等地として魅力的な立地を誇る。

建物規模は敷地面積が約2,300平米、延床面積は約2万8,500平米。地下3階、地上15階建てのオフィス・ホテル・商業施設から構成される複合施設で、建物の完成は2018年6月末の予定だ。なお施工は、竹中工務店が請け負った。

三井ガーデンホテルズも営業
ビルの完成後は日本紙パルプ商事が所有する建物部分のうち、オフィス・商業施設部分を三井不動産がマスターリースし、運営管理業務を行う。

ホテルは、三井不動産グループが運営する三井ガーデンホテルズが「(仮称)三井ガーデンホテル日本橋プレミア」として出店し、2018年秋の開業を目指す。

外部リンク

日本紙パルプ商事株式会社、三井不動産株式会社のプレスリリース
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news

最新ニュース

関連ニュース

コメント

米不動産Alexander子会社がハワイのショッピングセンターを買収 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。