不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

タス、2015年11月期の賃貸住宅市場レポート発表

2016/1/31 22:45

空室率TVI、アパート系が悪化
タスは1月29日、「賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏・福岡県版 2016年1月」を発表した。

レポートによると2015年11月期における首都圏のアパート系空室率TVIは、埼玉県が横ばいで推移。しかしながら、それ以外の全ての地域で著しく悪化した。新築の供給量の増加が原因とみられる。

これに対してマンション系空室率TVIは埼玉県、千葉県で悪化したものの、その他の地域では改善傾向となった。このことからアパート系のテナントが、マンション系に移動している可能性も考えられる。

東京23区の賃貸マンションとオフィス市場の比較
賃貸マンションの賃料の動きはオフィスと比べて小さく、東京23区全体ではプラスマイナス3%以内に収まっている。

空室率TVIの変動率はプラスマイナス10%程度であることから、賃貸マンションの収益評価の際には、賃料の変動よりも空室率の変動に注視する必要がある。

新築を除く賃貸マンションの賃料指数を主軸に、オフィス賃料指数を第2軸にして両者を比べると、ほぼ同じ動きがみられる。ただし、2014年以降は賃貸マンションの賃料の上昇幅が、オフィスに比較して大きくなってる。

オフィス空室率と賃料指数の相関係数は、マイナス0.87で、オフィスの空室率と賃料指数は負の相関関係にある。

新築の影響を排除した場合も、賃貸マンションの空室率TVIと賃料指数の相関係数はマイナス0.80となっており、明らかに負の相関関係にあることがわかる。

(画像は「賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏・福岡県版 2016年1月」より)

データ提供:アットホーム株式会社、分析:株式会社タス

外部リンク

賃貸住宅市場レポート 首都圏・関西圏・中京圏・福岡県版 2016年1月
http://www.tas-japan.com/pdf/news

最新ニュース

関連ニュース

コメント

首都圏の中古マンション、減少傾向が続く/東日本レインズ調べ のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。