不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

首都圏マンション供給数、2年連続で減少-不動産経済研究所

2016/1/23 03:00

2015年もマンション価格上昇で、供給量はダウン
不動産経済研究所は1月19日、2015年の首都圏のマンション市場動向を発表した。

これによると2015年に首都圏で供給された分譲マンションは、対前年度比9.9%減の4万449戸。価格上昇の影響により、2年連続での減少となった。過去最多は2000年の、9万5,635戸である。

地域別の動向をみると東京都区部は11.1%減、都下は22.6%増、神奈川県は21.3%減、埼玉県は1.3%減、千葉県は18.5%減となっている。

1戸当たりの平均価格は5,518万円
1戸当たりの平均価格は対前年比9.1%上昇の5,518万円。3年連続での上昇となった。

地域別の平均価格は東京都区部が6,732万円、都下が4,564万円、神奈川県が4,953万円、埼玉県が4,146万円、千葉県が3,910万円だった。

供給マンションのうち、億ションは1,688戸。前年に比べ、85.9%増と、高価格帯マンションが大きく増加した。過去最多は1990年の、3,079戸である。最高額は港区「パークコート赤坂檜町ザタワー」の15億円で、平米あたり単価は735万4,000円。

初月契約率は月間平均が、前年度0.6ポイントマイナスの74.5%。累積契約率は0.7ポイントマイナスの86.9%だった。

なお2016年の供給は、対2015年比で6.3%増となる4万3,000戸程度と予測される。

(画像は、不動産経済研究所のホームページより)

外部リンク

首都圏マンション市場動向2015年(年間のまとめ)- 株式会社不動産経済研究所
http://www.fudousankeizai.co.jp/s2015.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

帝国データバンク6月景気動向調査 安倍政権発足以来の悪化 コスト上昇に苦しむ企業続出 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。