不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

皇居前に外苑濠の水を浄化する「大手門タワー・JXビル」完成

2015/11/20 20:00

JXグループ本社などが入居
11月16日、JXホールディングスと三菱地所が東京都千代田区大手町において共同で開発に取り組んできた「大手門タワー・JXビル」が完成した。皇居東御苑の出入口である大手門の前に位置する22階建て、高さ100メートルのオフィスビルで、延べ床面積は10万7,500平米。

JXグループの本社機能が入居するほか、西村あさひ法律事務所が入居し、竣工時点で満室での稼働となる。

地下1階の商業ゾーンには、隣接地に建設中の「大手町パークビルディング」の商業ゾーンと合わせ、「ホトリアShops&Restaurants」として2017年に開業の予定。同時期には、「大手門タワー・JXビル」と「大手町パークビルディング」をつなぐ約2,800平米の「ホトリア広場」もオープンするという。

皇居のお堀の水を美しくする浄化設備
民間企業初の取り組みとして、皇居外苑濠の水を取り込んで浄化する大型貯留槽及び、高速浄化施設を導入したのも大きな特徴。

浄化施設の処理能力は年間約50万立方メートル。大型貯留槽には、25メートルプール6杯分に当たる約3,000立方メートルの水が蓄えられる。浄化設備の導入により、長年にわたって水質悪化が指摘されてきた皇居外苑濠の水質改善が期待される。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

JXホールディングス株式会社、三菱地所株式会社のプレスリリース
http://www.hd.jx-group.co.jp/newsrelease/20151116_01_03_10

最新ニュース

関連ニュース

コメント

森トラスト、瀬底島に沖縄県で最大規模となるリゾートホテルを開発 のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。