不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

7~9月「首都圏不動産流通市場の動向」-東日本レインズ

2015/10/21 21:00

中古マンションの成約単価、11期連続で上昇
東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は10月19日、2015年7~9月の首都圏における不動産流通市場の動向を調査・分析した「季報Market Watchサマリーレポート 2015年7~9月期」を発表した。

レポートによると、7~9月の首都圏における中古マンションの成約件数は、前年同期比5.4%増の7,995件。2期連続で、前年同期を上回った。

1平米当たりの成約単価は、前年同期比7.4%増の45万4,600円だった。2013年1~3月期から11期連続で、前年同期を上回っている。

成約価格も前年同期比で5.9%上昇の2,888万円。2012年10~12月期から12期連続で、上昇傾向を維持している。

地域別でみた成約件数は、埼玉県と千葉県が前年同期比で減少。それ以外の地域は好調で、東京都区部の首都圏全体に占める成約件数の割合は40.0%に達した。

1平米当たりの成約単価は、すべての地域が前年同期比で上昇。東京都区部では2013年1~3月期から11期連続での上昇している。

中古戸建住宅の成約件数は2,884件
7~9月期の首都圏における中古戸建住宅の成約件数は、前年同期比9.4%増の2,884件。マンション成約件数同様、2期連続で前年同期を上回った。

成約価格は前年同期比で3.2%上昇の3,007万円、2014年10~12月期から4期連続で上昇している。

一方、土地面積は前年同期比2.2%減の149.71平米で、5期ぶりに縮小した。建物面積は106.7平米で、前年同期比プラス0.3%とほぼ横ばいだった。

地域別では、埼玉県以外の全地域が前年同期を上回っている。特に東京都区部、横浜・川崎市、神奈川県他、千葉県は2ケタ増の高い伸びを示した。

成約価格は東京都区部、埼玉県、千葉県が前年同期比で上昇する一方、多摩が前年同期比・前期比ともに下落している。

(画像は「季報Market Watchサマリーレポート 2015年7~9月期」より)

外部リンク

季報Market Watchサマリーレポート 2015年7~9月期
http://www.reins.or.jp/sf_201507-09.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

近畿圏マンション市場動向2014年のまとめを発表(不動産経済研究所) のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。