不動産投資ニュース

アパート(不動産)経営

不動産投資物件、今は売りどき!-健美家調べ

2015/6/8 00:45

投資家の半数が売りどきと判断
健美家は6月4日、「不動産投資に関する意識調査(第3回)」の結果を発表した。情報サイト「健美家」の会員のうち482人を対象に調査を行ったところ約半数が、今は「投資用不動産物件の売りどき」だと感じていることがわかった。

投資用不動産について尋ねたところ、「買いどき」と答えた人は全体の18%。一方、「売りどき」と答えた人は昨年より10%増の49%だった。投資家の間で売りムードが高まっていることがうかがえる。

東京オリンピック開催年が市場のピーク
買いどきだと思う理由は「金利が低く融資が受けやすい」ことや、「東京オリンピックに向けて、今後の値上がりが期待できる」ことなどが挙げられたている。

売りどきだと思う理由では「購入希望者が多く、物件価格が値上がり基調にある」ことや、「買い手側の融資が受けやすい」こと、「今後、賃貸経営が厳しくなると予測されるから」などが挙げられている。

また、「買いどき」だと思う時期については、東京オリンピックが開催される「2020年まで」と答えた人が最も多く、35%。「売りどき」だと思う時期も同様に「2020年まで」が最多で、25%だった。

投資家の多くが、東京オリンピックの開催年である2020年を不動産価格のピークと捉えており、売買のタイミングを計っていることが明らかになった。

(画像はニュースリリースより)

外部リンク

健美家株式会社のニュースリリース
http://www.kenbiya.com/img/press/pre2015-06-04.pdf

最新ニュース

関連ニュース

コメント

「投資用 市場動向データ 最新版2014年5月期分」の調査結果を発表(株式会社ファーストロジック) のページです。はじめての不動産投資に役立つ情報をご提供!不動産投資のすすめと不動産投資ニュースをご紹介させて頂いております。
各種法改正や投資のノウハウ、不動産投資市場の動向など最新情報を配信していくので、ぜひご活用ください。